Photo Gallery

今回はクルーザー販売会社主催のカジキ釣り大会。

50キロ以上のカジキ類をキャッチするとポイント加算というちょっと変わったレギュレーションで毎年この時期に開催されています。

ただ、、心配されるのは最近ど~~~も大洗の釣果がすぐれないこと。。。

案の定、スタートフィッシングしたもののヒットコールがぜんぜんありません。

う~ん。。。絶望的~。。。 海を眺めている時間が続き眠くなります。

そんな中で、先陣を切ってヒットコールを発したのは大洗の主とも呼ぶチーム「海彦」!

そのすぐ後、なんとわれら「Statue of Liberty」がヒットしたんです!!

さぁ釣りのお時間ですよぉ~(笑)

私のわがままをきいていただき、今回初めてスタンディングでファイトさせていただきました。

。。。。んがぁ、どうも要領がつかめません。

腰の動き、膝の動き、手の動きがうまく連動しないというか、、少し手こずりましたが結構面白い。

キャプテン、サブキャプテンが笑いながら眺めていましたが、カジキを引き寄せると、素晴らしい手さばきでタグを打ち込んでくれました。

個体の姿を見てみると、、、、ち・・・・小さい。。

推定40キロといったところでしょうか。

レギュレーションでは50キロ未満のカジキをキャッチするとなんと! マイナスポイントなんです(笑)

というわけで、リリース!

無線で事務局へ釣果報告を完了。

「海彦」よりも早く釣果が出たので、大会のファーストマーリンです。

この後、他のチームからもヒットコールはいくつかありましたが残念ながら釣果はなし。。。

結果、海彦とStatue of Libertyの2尾のみで、海彦もタグ&リリースでしたので、大会全体で全チームが0点のまま帰港したのです(笑)。

~ 夜のパーティ ~

主催者側の便宜で「釣ったチームを表彰しましょう!」ということとなり、結果的に優勝させていただきました~~♪♪

事務局や参加艇の皆様、そしてキャプテン、サブキャプテン、ありがとうございました!



スポンサーサイト
先週の大会で釣った外道のマグロはポンツーンで捌いてみんなで分け合いました。

といってもすごい量!

【山かけ】


【定番の漬け丼】
IMG_4423.jpg

【カルパッチョ】
IMG_4424.jpg

【キュウリとコチジャンの中華風】
IMG_4436.jpg

【これが一番美味しかったカマ焼き】
IMG_4440.jpg

また食べたいなぁ~っていうと外道狙いになっちゃうからやめとこ。。
朝起きると涼しく感じるようになりました。

・・・ん? 茨城だからかな!?

金曜日の前夜祭から日曜日まで3日間のイベント開催で、大洗マリーナには56組のビッグゲームフィッシングチームが集結。

私は今回別用があり日曜日だけの参加となりましたが、大洗町ののどかな雰囲気と通い合う温かい情をたっぷり感じながら大会を楽しむことができました。

釣果の方は残念ながらゼロ。

でも嬉しい外道が一発!(笑)








んーーーーーーー。。だめだ。 

シロムツ、ドンコ、ヒメ、メイチ、子キンメ、、外道はくるんだが終始潮動かず。

今日もクーラボックスは空っぽ。

さて、カジキ釣りは次第に東へ北へとフィールドをシフトしていきます。

我らStatue of Libertyはベースポートの大洗に回航して次の大会に備えます。

こっちの海は伊豆諸島とちがって、景色は360°水平線。

GPSを見ていないとどこにいるのかさっぱりわかりません。

今回はあいにくの雨とうねり、風もあってぐちゃぐちゃの海。。。

釣れたのはペンペンとでっかいシイラと流木。

こんなときもありますよ(笑)。

また次回頑張ろう~ 

・・・の前に頑張って帰ろう。

帰ろうってったって片道200キロ!!なんですから。


夏になると毎週のようにカジキ釣りで離島にいる時期ですが、台風接近もあり今週は釣りには行きませんでした。

たまたまのんびりな週末となり、今年は花火大会を自宅で観ることができました。

・・・・がっ、無風のために花火が雲や煙に隠れちゃってみえ~ん(笑)



それでも迫力の花火サウンドと枝豆、ビール、スイカなどで夏を感じてます。


最近釣りの調子がいいなぁ~と感じていたのです。

ノリノリのテンションで今日はトモ席を確保しました。

台風のウネリは予想外に小さく、むしろこの上下運動が自然な「誘い」の技になるような気がします。

さぁ爆釣かな~♪♪



終盤で大物らしきヒットあるもラインをプッチンされて正体わからず。


完敗・・・(笑)

ボーズでした。

決して調子が良いなんてことはないと思い知らされました。。

今年もJIBT(ジャパン インターナショナル ビルフィッシュ トーナメント)に出場させていただきました。

こんなへっぽこアングラーを迎えてくださいましたチームGODDESSは2012年に優勝実績があり、キャプテンもデッキハンドもスペシャリストの集団なんです。

・・・・んが、今大会は初日から苦戦。。。

あちこちのフィールドでヒットコールがアナウンスされる中、不発に終わりました。

気を取り直して2日目。

朝一番でヒットしたかと思ったらペンペンがくっついてました。

なんと2日目も不発となり、予想外の大苦戦。

最終日、トローリングエリアを競合チームの少ない遠方に定めてスタートすると、カジキがヒット!

しかし、3つのルアーにちょっかいを出してきたもののフックせず。

お昼前にはショートコーナーのビッグルアーを一瞬かじってくれましたがこれもフックせず。

あ~~ 無情にも時間は刻々と進み、本大会もあと30分ほどで閉幕となります。

リール巻きたかったなぁ~。

それでも仲間とこうして洋上で過ごす時間は最高でした。

また次の大会でがんろ・・・・ ・・!?

すっかり戦意は消失し諦めていたころ

ヒット!! 

突然リールがけたたましく唸り、遠くでクロカジキがジャンプしています!

キャプテンの的確な操船と俊敏な先輩クルーの動き。

私はリールをただただ巻くだけでしたが、カジキが次第に近づいてきます。

タグ&リリースの予定でしたが、ビルを掴んだときにはもう瀕死の状態でしたので

やむなくランディングすることにしました。




最後の最後に得た釣果の喜びは格別なものでした。

帰港すると大会本部ではカジキを一目見ようと大勢の人々が集まっていました。

検量とタックル審査を済ませ、撮影会とインタビュー。

124.25キロ

最終日の最大魚だったそうです。

大会成績は87チーム中 9位。

苦戦を強いられましたが、終わってみたらすばらしい大会でした。



キャプテン、チームの先輩方、そして下田でサポートくださった地元のみなさま、JGFA事務局やUSAからの来賓Robert Fly Navarro。
大変ありがとうございました。

いよいよ今週はカジキ釣り日本一決定戦【JIBT】です。

これに伴いUSAから視察団が来日。

そのうちの一人、Robert Fly Navarroさん。

彼とはSNSでお友達。

ということで、一緒に遊びました。

お互いに釣りに対する思いやノウハウで話題が弾みます。。。。と言いたいところですが、

なにを言ってるのかわからないこと多発!

でもいいじゃん!!

今日は魚の気配もなし。

でもいいじゃん!!

なんだか楽しい釣行でした。



Robertとは下田国際大会でまたお会いします。

お互いに素晴らしい大会を過ごしましょうね!
夏休み企画です(↓↓↓)



アオリイカシーズンも終盤戦ですね。

大型が期待できますが、ボーズのリスクも大きいです(笑)

みなさんはそろそろ始まる青物の準備に忙しくて今日は空いてるかな~と思い

腰越港の【蒼信丸】に行ってみました。

いやいや、お客さんはたっくさ~んご乗船されています。

そして私の席はど真ん中の「胴の間」

・・・この席ということは、、、諦めた方がいいかもしれません。

ダメ元でがんばりましょう。

選んだエギは実績のあるアジカラー!

最初のポイントは稲村ケ崎沖。

シャクリます!

シャクリます!

シャクリます。。。

船中反応なし。

胴の間なので、船長がすぐ背中にいます。

「今日は潮が暗いから、エギはオレンジがいいょ」とささやいてくれました。

エギチェンジ!

ドキューン!

途端にヒット! ズッシリとアオリイカが乗っかりました~。

その後船中全く反応なし。

厳しいぃ~

20170715-00.jpg


11時ごろでしょうか、船長見切りをつけて大移動。

どこへ行くのかと思ったら、かつて毎週のようにジェットスキーで遊んでいた葉山の海岸沖。

懐かしい~

幸いにもここでヒット!

小さ目でしたがアオリイカを一杯追加して、程なく納竿となりました。

今夜はイカづくし~




WHAT'S NEW?