Photo Gallery

昨日、秋田屋の帰りに蒼信丸の美人女将に日曜日の混み具合を尋ねると「スッカスカ」とのことだったので、

連チャンで腰越港へ向けて車を走らせました。

受付に到着して座席を見てみると、お客様のお名前が昨日の倍は書いてありました。

みなさん、前日に予約の電話を入れるんですね。

ご家族の了解を得て、お天気を見て、それからですよね。ご調整が大変です。。。

アオリイカは暗い空の方がが有利といいますので、今日の予報は風が強まる可能性があったものの、釣果を出すにはベストコンディションの空模様でした。






沖へ出ると  さ・・・さむい!!

ときたま雨もチラつき、おまけにヒットなしの出だしだったので、戦意を喪失してしまった私はキャビンでフリーサービスの温かいコーヒーをいただくことに。。。(笑)

でも座席が胴のド真ん中で船長の真横だったものですからサボってる様子が丸見えなんです。

はぁ~~ 頑張らなきゃ。。と内心シブシブなんですが、エギをシャクリます。

「乗った!」 船長のヒットコールは反対舷後方の様子でした。

次の「乗った!」も反対弦。

ありゃぁ~~ あっちばっかりだなー。

船長は全てのお客さんに対して玉網入れをしてくれます。 写真も撮って、すぐさま操船。。

忙しそうです。

「乗った!」 ほらまた反対弦、、、、

船長が玉網のサポートで操縦席から離れます。

・・・・んっ!?、風が強く、船が風にあおられて向きが~~ なんて思ってたときに

私の左隣のお客さんがヒット!!

こっちにきたーっ(^-^)、と喜んだ瞬間、私のエギに乗ったー!!ヽ(^o^)丿

二人並んで竿が曲がっています。

弧を描く竿のしなりを楽しんでいると、ついには右隣のお客さんもヒット。

三人がほぼ同時ヒットです。

直後に反対弦でもヒットがあり、いきなりのアオリスイッチオンで船長は超多忙(笑)

その後は全体でポツリポツリと釣果が続き、ボウズは少なかったのではないでしょうか。

私にはその「ポツリ」というやつがなかったので、スイッチオン時の1杯でおしまい。

1杯でもこの時期のアオリイカはデカイので十分。

今夜のアオリづくしがまた楽しみです!

船長どうもありがとうございました。

クリップボード01
スポンサーサイト
会社釣り部。

今年度初の定例釣行です。

いつもは東京湾。

今日はめずらしく湘南 鎌倉の腰越港で五目釣りです。

ご近所での開催は最高(笑) 喜んでるのは私だけ。 メンバーの多くは埼玉や千葉など遠方からお越しです。



さぁ出発!!

ポイントはすぐそこ。

あ~忙しい。。。

まずは真鯛・黒鯛狙いから、、、といってもそう簡単じゃありませんね。

タックルは2メートル弱の軟調竿に電動リール。

片天秤にライトサニービシをぶら下げてその下に80号のオモリ。

仕掛けは初盤4号6メートルの真鯛2本張りで後半は2号3メートルのウイリー3本針。

釣り部で鯛狙いって。。。。。

そういえば過去にやった記録がありません。

鯛って全員がタナを合わせないとコマセがゴッチャゴチャになってしまいます。

案の定魚信なし。

・・・と思ったらミヨシで小型のイシダイが顔を見せます。

でも全体的にアタリに乏しい状況です。

しばらく粘っていると小さな真鯛がヒット!

これで船長もホットしたのか舵を切ります。



次は水深70mのポイント。

まだ江ノ島が近くに見えます。

アジ狙いスタート。

サバの猛攻を避けるのが大変でしたが、めげずに続けていると次第にアジの姿が多く見られるようになりました。

こうなるともう大変。

イレパクタイム!!

もうずーっとです(笑)

飽きちゃった人は底を引きずってアマダイを狙ってもいいですよ!と船長。

アマダイ、ヒメコダイ、ムシガレイ、ショウサイフグ、カナガシラ、シコイワシ、オニカサゴ、アラ、、などなど外道も多彩で豊漁です。

あっ、五目狙いだから全部本命でした!!

最後には、ウルメを狙ってみよう!と船長はまだまだやる気満々!

ウルメ場でもアジ・サバ、アマダイなどが引き続き釣れて全員のクーラーボックスが満たされました。

いやぁ~ 楽しかったですね~

家に帰ってからが大変ですが。。。(笑)

みなさんお疲れさまでした。

タカトシ船長ありがとうございました!




惨敗の巻・・・

釣れてる人は釣れてるんですけどね~~

みんなが釣れてない時に釣れるのってかっこいいですね!
みんなが釣れてるのに自分だけ釣れないのって凹みますよね~。

船長はみんなに釣らせたいですね。
でも他の船と自船との関係は上記と同じですね(笑)

はぁ。。。どうでもいいっか(笑)


逗子の花火大会といえば毎年天候に恵まれないことが多いのは、こんな季節に開催されるからでしょうか。

道路事情から真夏だと渋滞で町全体が動かなくなってしまうことから季節外れの日程となっているようです。

大手外食企業さんがスポンサーになっているおかげで毎年7000発の大規模大会を実現しています。

今回は船長からのあたたかいお誘いで、海側から観ちゃうんです。

18:30出港~

竿も持たずに夕方の出船だなんてなんだか変な気持ちですが、常連さんのご家族やうちの妻も同乗し、
ワーワーキャーキャー賑やかな雰囲気で逗子沖を目指します。

微風で海が穏やかなのはとても幸いなことです。

20艇程のプレジャーボートや遊漁船が停泊しています。

超豪華な大型クルーザーの船上では出張シェフを呼んで特別なフレンチでも堪能しているのでしょうか
・・・・想像してるだけですが(笑)

19:30 1発目が打ちあがると歓声が沸き上がり、次々と工夫を凝らした花火が夜空を彩ります。

あっというまの45分間で圧巻のフィナーレ。



楽しませていただきました。

船長ありがとうございました。



GWの後ろに休暇を1日追加してお世話になってる船宿さんのすべてを回ってみようと思いましたが、、、

そもそも無理なことでした(笑)

天気も良く、楽しい時間を過ごしました。
もうヘロヘロ。。。

船長も同乗するお客さんもみんないい人ばかり。
釣りっていいなとつくづく思います。



さて、5月病にかからないように気を引き締めなければ・・・
ブログを更新する暇もないくらいのハードスケジュールです(笑)

今日は釣り体験企画のお手伝い。

さぁ後半戦。

行くぞ~~。

 
今日も海上で遊んでました。。。




今日の海上は無風でツルツルペッタンコ。

すごーく濁ってます。

こういう日は釣れそうな気がしません(笑)

仕掛けを落としてもぜんぜん魚の気配なし。。。

船長もしびれを切らしています。

船べりに足を投げ出して遠くを見ているのもいい気分です。

みんなが釣れないんだから開き直りましょう!

ガツッ! うわっ! なんかでかいのがヒットした。。。

・・・と思って楽しみに巻き上げてみると正体はギンサバ。

初めて見る姿に驚愕。。。

即リリースしましたが、あとで調べたら食べれるんですね。

でも次回もきっとリリースします(キモィから)

まもなく14時、ラストの投入!って時にオニカサゴがヒット。

辛うじてボーズは免れましたが、渋い一日でしたね~。

まぁのんびりな釣りもいいですね。


いやいや、ここのところ時化ばっかりですね。
ようやく出港できました。
微風ベタ凪の予報に反し宇佐美港に到着すると風速10メートル以上出てました。
うっそ~~、
陸上でこんなだと今日もダメなのか~!?
と心配になりましたが、先に出た船から大丈夫だと無線が入り、なんとか出港~
沖へ出てみると大したことはありません。
沖の方が吹いてないなんてあまりないのですが。。。
連日の時化で海は濁っています。
船長が「この潮は春濁り」なんて言ってましたが。
そんな事よりも私にとっては天敵である「寒さ」がなくなった事で楽しさ倍増です。
さぁやる気満々で仕掛け投入!
3投目くらいだったでしょうか、船長の合図で仕掛けを上げようとリールを巻いた途端にヒット!

良型のノドグロでした。
しかーし。。。
8時頃からサバが邪魔をしてオモリが底まで到達しません。
サバ避けをといろいろな策を講じましたが、、、
サバダバサバダバ~~
だーめだこりゃ。
船長もげんなり(笑)
終盤にようやくサバの気配が薄くなると当たり始めましたが残念ながら赤ムツの2尾目はヒットしませんでした。
外道はシロムツ、カラス、カサゴ、サメ、サバ、といったところでしょうか。
サバは一番大きい1尾だけ持ち帰りましたが、他の皆さんはキープしてクーラーがいっぱいになっていました(笑)
楽しかったでーす!

WHAT'S NEW?