Photo Gallery





ワカシ・イナダがウニウニ泳いでるみたいですねぇ。
まだ8割程度がワカシで2割がイナダサイズらしいですがどこの船宿も好調のようです。
沖へ出てみるとものすごい規模の船団がコマセを巻いています。

我がクルーザーもそれに近づいてみます。
でも漁船の間に入り込む勇気はありません。
なぜならば客船だからですよ。。。ウヒッ

さて、我々は各々が好き勝手なタックルで好き勝手に釣りを楽しみます。
竿を持たず手釣りな人、ロングロッドで電動リールを装着している人、、、
私は至ってシンプルにライトタックルで片天秤に50号のステンカンをぶら下げてみます。
ウフフ、たまには本気で釣りしてみたり。。。

うぉっ、、朝から好調です!!

イナダ船団から50?100メートル離れた場所で、いろんな魚がHITします。
プルプル、ギューン、ピコピコ・・!?
いろんなアタリと引きを楽しめる五目釣り。
さぁ次はナニが姿を見せるでしょうか!!っと期待し過ぎるとベラだったりします。

ソーダガツオ・アジ・カマス・イサキ・メバル・カサゴなどがオカズになりました。

暑いですねぇ?
アルコールも底を付き、氷も溶けてきたので、潮止まりの頃合いを見て早上がりとしました。

あっというまに8月も終わろうとしています。
いよいよ9月にはイナダを狙ってみようかしらん。
みなさんもご一緒しませんか

スポンサーサイト



お盆も終わり、みなさまがすっかり仕事モードに戻られる頃、、
やっと私の夏休みです。
約2年ぶりのオートキャンプですが、今年はランタンやガスバーナーなどを買い換えたのでお父さんもウキウキしています。

アウトドア用品というのはあれやこれやと欲しいモノを買っていくと車のトランクがどんなに大きくてもいずれコンパクト化の課題に直面します。

そこでよくよく考えてみます。

当初は野外料理も楽しいなと感じていましたが、今では遊びに時間を費やしたいので料理は簡単なメニューになっています。
そうなると豪華なツーバーナーやキッチンテーブルなどは不必要となります。
更には「炭」を使用することもメリットよりデメリットの方が大きく感じるこの頃では、ガスバーナーだけで十分なのです。

また、家族で力を合わせて組み立てるテント張りの楽しさも、慣れてくると何分で張れるかのタイムアタックになっておりますし、雨や強風の悪天候下では快適性が完全に失われますから、軟弱にもテントは辞めてバンガロー派に転向しようと思うのです。

それらを解決しようと、先日、道具のほとんどをフリーマーケットにて売却し、そのわずかな売上げで新たな道具を買いました。
今回は、コンパクト化に加えて燃料を全てカセットガスに統一し、ランニングコストも大幅な削減を図りましたが、最近のアウトドア用品はずいぶんと進歩していてカセットガス程度の燃料でも全く問題ないパワーが出るもんなんですね。

さぁさぁ、雲見オートキャンプ場を目指します。
自宅から約90キロ、ドライブするにもちょうどいい道のりです。
雲見といえば、おいしい地魚と温泉がイメージに浮かび上がります。
途中、その名の知れた食事処に立ち寄り、美味しい料理にありつくと
娘達も大喜びで口に頬張ったのですが、それで満腹かと思いきや、地元デザートの心太やアイスクリームまでも一挙に平らげてしまいました。

R136から険しい坂道を延々と登り切ると雲見オートキャンプ場です。
感じのいいオーナーが迎えてくれます。

切り立つ山々の谷間に構えるこのキャンプ場は、正面に駿河湾が一望できて、それをまた露天風呂でも堪能できる最高のロケーションです。

また、バンガロー(ログケビン)はとても広く、マットレスや室内外灯、エアコン、食事用のテーブル、イス、冷蔵庫、AC電源などが全て完備されていているのでタオルケット一枚あればOKなくらいです。

場内は隅々までとても清潔感があって、キャンパーの評価点がとても良いのが理解できます。

サイト数は少なくて、遊具も無いから全体的に静かなので大人向けなのかもしれませんが、娘達の「お気に入りキャンプ場」にバッチリ加わったのはこうした総合点からでしょうか。

何よりも妻が絶賛して「次回は連泊しよう」なんて言ってますからよほどよかったのでしょう(大嫌いな刺す系・イモイモ系の虫に出会わなかったダケかもしれませんが)。

帰りに波勝崎の猿達と遊んだことが大変印象強かったようで、今、目の前で、エンピツや絵の具を手に夏休みの宿題に取り組んでおりまふ



自分は決してリッチではありませんが、船を所有してからその方面にご趣味をお持ちの(リッチな)方々と出会い、更にいろいろな船に乗せてもらう機会が増えてきました。

新しい人脈が出来る上にたくさんのノウハウも教えていただけるのでとっても幸せです。

今回はマリーナらしいマリーナから出航し、東京湾をクルージングしてきました。 
セキュリティも設備も万全ですし、電車で行くことも容易です。
アウトレットモールだって隣接してますから、カップルでご家族で海遊びを企てるには絶好のロケーションですね。

オーナーの皆様も大変気さくで一緒に過ごす時間が楽しくてたまりません。
うははっ、これなら魚が釣れなくたって・・・あ、いえいえ、冗談でタコ仕掛けのテンヤを落としてみただけです。
今回は東京湾クルージングという企画名なんですから。
・・とは言っても何が起こるかわかりませんので、念のため私は竿を持って行きました。
念のためです。。
・・・んと!? 
さすがベイサイドマリーナ、桟橋入口にイソメ・ジャリメの自動販売機が設置されているではありませんか。
この販売機、本当に稼動しているのだろうか・・? 
と思い、お金を入れてみたら、ちゃんとイソメが出てきたんです。
だから一応これを持って乗船したんです。

それだけです。

あ?楽しかった。次回は釣りにでも行きましょう!!




はいサボってまひた。
今頃こんな記事出します。


地元茅ヶ崎で花火大会の後に江ノ島の花火大会。
やっぱちと遠いです。。。
それでも茅ヶ崎の海岸にはわんさか見物客が来てます。

お友達と合流で大賑わいです。

はっきり言って、花火はお題目ですわん。


厳しい残暑がまだまだ続きますね。
みなさまご自愛くださいませ。



台風5号の影響で海は大荒れ。 
それでも、日曜日あたりなら凪になりトローリングでカツオざんまい、、、
かと期待して出艇したものの、やっぱりグチャグチャな海面に悩まされ釣りになりませんでした。
こういう時は大型船との差をしみじみ実感します。

さて、茅ヶ崎も夏本番。
花火大会です。
茅ヶ崎の花火大会は決して大規模ではないのですが、それでもどこからともなく人が集まってきます。
若者の浴衣姿がここ数年増えているように感じるのは私だけかしらん。。。
多少歩きづらいこともあってでしょうか、最近始まったチャリンコタクシーに乗って海へ向かう様子は風情があっていいですね。
娘達もあれに乗ってみたいそうです。 
実はお父さんも乗ってみたいです(んがぁ、ちぃと料金が。。。)。

今年はご近所さん宅からお声がけいただきましたので、午前中にかろうじてGETしたサバを酢絞めしてお邪魔しました。
貧果を説明(イイワケ)するのは容易ではないですが、説明が終わる頃、皿を見ると全く魚が残っていません。。。

うひょ?。

したがいまして、私は花火鑑賞に専念できました

あぁ、ちと飲み過ぎたかな。。。

WHAT'S NEW?