Photo Gallery



梅雨入りで台風も接近中ですが、海のコンディションは悪くありません。

ベタ凪、微風、中潮。。

朝、起きてみると霧雨程度だったので、むしろ雨模様ならば潮が暗くて当たりも良く、船も空いてていいだろうと予測し、出撃


目指すは前回の下田とは反対側の三浦半島南端です。


んがっ(゚ロ゚;)━━、船宿に到着した途端 ドシャ~っとすごい雨。


そんな中でもずぶ濡れになりながらガイドにラインを通している釣り人がたくさんいます。


ひえぇ~ヾ(;;゚Д゚)ノ…  ダメダァ~戦意消失。


私の釣りバカ度の低さが出てしまいます


結局船宿の扉を開けないまま退散εε=┏( ・_・)┛



今週は釣りお休みします(u_u,)゙ sory…
スポンサーサイト
さて、捌いた真鯛で冷蔵庫はパンク寸前の飽和状態です。

ご近所などに無理矢理食べてもらうことにして幾分減りましたが、我が家でも消化活動を開始しました。

釣りの至福は二度訪れます。

釣った時と、食べるとき(*゚▽゚*)

今夜はこんな真鯛づくしでした。

まずは


①兜焼き

真鯛の兜焼き



②刺身(外道のアカイサキ昆布絞めとマダイの炙り)

真鯛の刺身


うんめぇどぉ~  でも正直言って、一品の量がすごいです。。。
大勢よんでマダイパーティでも開催しようかな・・・ってなくらい(゚゚;))((;゚゚)

真鯛づくし Taroken



③真鯛の胃袋ポン酢

真鯛の胃袋ポン酢



④真鯛茶漬け

真鯛茶漬け


⑤真鯛の白子と真子の甘辛煮

痛風まっしぐら・・・εε=┏( ・_・)┛

真鯛の白子と真子の甘辛煮


⑥鯛飯

鯛めし


⑦鯛の兜煮

真鯛の兜煮


⑧オニカサゴの刺身

オニカサゴの刺身


お・・・・  オニカサゴ!?


は・・・・はい、今日も沖にいましたぁ~(〃^∇^)o彡☆


まなぶ丸

波1.5~2.0m、風6~8m、潮は濁りPEラインに藻が付着するくらいのBADコンディション。
アタリも少なく、ちときつかったなぁ~。。。
でも船長はがんばってました、ありがとう!
伊豆下田 兵助丸 乗っこみマダイ


真鯛があちこちで乗っこんでいます。

釣り関連のサイトや雑誌・TVなどでもそのテクニックや専門のアイテムがたくさん紹介されています。

マダイフリークにはたまらない季節ですね。

私もこのタイミングでなんとかマダイ船に乗る機会を得ることができました。

あとは腕だけ・・・!?

行き先は伊豆下田の『 兵助屋 』

前回、運よく自己記録を更新できたマダイ船でもう一度挑戦します。

【 タックルスペック 】
 ●ロッド ; アリゲーター龍宮16-255を特注で40cm長くしたRYUGU 16-295
 ●リール;  アルテクノス ゴリラ8/V CCM TUNED
 ●ハリス; サンライン トルネードSVI 3号、4号
 ●針  ;  OWNER PEマダイ 9号

4時30分
うっすらと朝焼けが始まろうという情景の中、兵助屋での作戦会議が纏まると程なく乗船です。

乗船は4名 私は右舷みよし。

風もなく、波もなく、そして快晴。 

下田にしては珍しく穏やかなコンディションです。

石廊崎発電所の沖にある中木ポイントに到着すると数隻のマダイ船が集まっています。

みなさんのタックルを覗き込むと細部に至るまでの拘りが夫々に伺えるのですが、そんなのを見ていると不安になるだけなので正面を向いて集中します。

あえて私の拘りを申し上げるとしたら、リールが電動じゃなくて手巻きだっていうことぐらいです。

高性能ドラグ機能&軽量化によって真鯛との駆け引きを楽しもうと考え新調してみました。

定刻の6時

各船から一斉に仕掛けが投入されます。

1投目からヒット。

引きはいいが、マダイほど元気がないかな・・・ 浮上したのはアカイサキ。

キレイだけど、、、、ちょっと。。。

程なく次もヒット。

引きがマダイっぽくて元気だけど力が弱いな・・・・  これは炊飯器で鯛飯を炊くのに丁度いいサイズのキダイでした。

一応 鯛なので周囲から「おぉぉ~  」なんて言われてしまい、少し恥ずかしいです。

なんだか幸先良くヒットするので、こりゃ調子がいいかな・・・ 

さぁそろそろズドンッ! と来い。。

・・・と思っていたら隣のおじさんにズドンッ! とマダイらしいヒット。

これは運悪くオマツリでばらしましたが、その後も隣のおじさんが連発ヒットし早々と2~3kg級のマダイを2尾釣りあげます。

おっと、反対舷トモのおじさんも調子付いているではないですか。

竿がしなり、電動リールがギーギーうなっています。

いいなぁ~~

私は何をしていたのか・・・ 

玉網係ですょ。  得意なんですから。


スイッチが入ったのは8時半を過ぎてから。。。

かなり出遅れてしまったのできっと船長もさぞかし心配してくださったことでしょう。

2kgオーバーのマダイが釣れてほっとしていると船長から「今日はね、かわいそうだけどまだまだマダイには死んでもらいますよ!」

と渇を入れられます。

そして、、、

 ①ここで仕掛けに船長お勧めのアイテムを装着(兵助丸に乗船すると教えてくれます)。

 ②コマセの振り方を少しアレンジしてみます。 

 ③更に自分なりに考えて誘いも加えてみます。

 ④エサのつけ方だって変えてみました。


そこからデットヒートです!

講じた策のどれがマダイの心を捉えたのかは証明することができません、、、、んが、自分の中ではまちがいなくこれだと思うことがあります。

周囲がヒットしない中、流す度にマダイがヒットし、あれよあれよと釣果は増して行ったのです。

10時半には4尾のマダイと2尾のキダイ、大きなサバもキープしてクーラーボックスがパンパンっす。

途中、4号ハリスがヒットと同時にバチンッ!!と切られたのですが、あれはどんなやつだったのでしょう。。。

お昼ごろになると潮が止まり日差しも強くなったせいか極端にあたりがなくなりました。

忙しさがなくなると疲労に気づきます。 日帰り温泉でも寄ってから帰ろう。。

13時、船長のアナウンスで納竿。


港に向かう航行中、沖から見る伊豆半島南部の風景があまりにも美しいことに驚かされました。

すばらしい釣行となり鈴木船長にも大変感謝です。



マダイの乗っこみが始まっているようで、相模湾の船宿ホームページを見ていると黒ずんだワル顔のマダイ抱っこ写真が次々と登場してきます。

あぁ~釣りてぇ~

・・・・そう思って日曜日は密かにマダイ狙いを企てていたのですが・・・ 

 ・・・ 満席 

あちゃぁー 万事休すil||li▄█▀█●il||li


マダイは断念しても釣りはしたいな、、、

洋征丸船長へ連絡してみると「ガラガラだよ~ おいで~」と歓迎してくれました。

ゴールデンウイーク後だからでしょうか、時化明けだからでしょうか、いやみんなマダイ船に行っちゃったのでしょうか。

週末は満席が当たり前の人気船宿「洋征丸」が珍しく今日はガラ~ンとしています。

そして鯵の活性もここのところ芳しくない様子です。

そうかそうか、、どうでもいいんだ活性なんて、釣りができれば(笑)。


アジを狙って、それをエサにヒラメを釣ろう! ついでに身エサも使ってクロムツもゲットしちゃおう。

マダイもヒットすれば100点満点さ。

乗船するなりそんなこんな色々なことを考えながら仕掛けをいくつもこしらえました。

沖へ出ると波も無く心地よい風が吹いています。

逗子から約40分の航行でポイントに到着。

アジの様子も爆釣とまではいきませんがポツリポツリとヒットします。


隣のお客さんから サバを釣ったがいらないから捨てるけど、いる!? って聞かれたので、んじゃぁ折角ですからと頂いて捌いてエサにしてクロムツ狙いを実行してみたら・・・

一投目でいきなり衝撃的なアタリ。

根掛かりと間違えそうになりましたが、オニカサゴが2尾いっぺんにヒットしたようにファイトしているので魚に違いありません。


クロムツなら計算通り・・・・ですが、浮上してきたのはカンコ。


後で船長が計ったら2㎏ありました!


本日の外道賞です → 【 私が登場します 】



その後ヒラメを狙ったり、またまたクロムツも狙ってみたりといろいろやってみましたが不発。。。


う~ん、、、とあれこれ考えている間にはベースであるアジを狙ってお土産はしっかりキープ。


納竿の時間になってみるとクーラーボックスはしっかり満たされていました

・・・・なにひとつ計算通りにはいかなかった。。。ってことでもありますが。。。

WHAT'S NEW?