Photo Gallery

透き抜ける秋の空。

寒さが増して朝は辛くなってきました。

今日はこの人、「開運!なんでも鑑定団」のアシスタントガール、ミニスカポリスで、、、
と言ってもピンと来ないかもしれませんが、釣りガールとして業界をリードしていくエースアイドルの永浜いりあちゃんとマス釣りです!!

永浜いりあちゃん

管理釣り場のトラウトルアーフィッシング・・・ 初めてです。

エサじゃなくてスプーンですって。。。

ふにゃふにゃの竿。

0.8ポンド程度の細いライン。。。

釣れる気がしません( °O °;)

でもいりあちゃんやインストラクターの方々がやさしく教えてくれるし、面白く盛り上げてくれます。

楽しいです!!

・・・・ってか午前中は全然釣れなくて、げんなりしそうになるとインストラクターのみなさんが、さまざまな策を講じてくれて娘は数発のヒット!! 


さすが・・・すごいな。


いりあちゃんからも声援を送ってもらって、、、、気合が入りますが・・・


ぐぉ~  私はボーズヾ(;;゚Д゚)ノ

永浜いりあちゃんとトラウトフィッシング


ランチでも楽しい会話が続き、美人なだけじゃなく、いりあちゃんの人の良さがよくわかりました。


午後になると私のスプーンが上手い具合にヒットしますd(ゝc_,・*) ☆


一定のテンポで釣れるようになったのです。 快進撃!!


なーるほど、、、(*゚・゚)なんとなくわかったような気持ちになり、もぅプロみたいな顔つきになっちゃってます。



今日はキャッチ&リリース。

トラウトが弱らないようにそぉ~っと帰してあげます。

永浜いりあちゃん

コマセも飛び血もないし、なんてったってファッショナブル。。。

普段の釣りルックス(汚)で通用するのはオークリーのサングラスだけ( °O °;)


こんな釣りもあるんだなぁ~と大変勉強になりました。


お別れ間際、いりあちゃんに「お父さん、お笑い芸人みたい」って言われてしまいました。

 ・・・が、、、

次回は海で会おうな、かっこいいところ見せてやっからなd(ゝc_,・*) ☆




永浜いりあちゃん・インストラクターの皆さん、大変お世話になりました。
楽しかったです!
○o。ありがとぅ。o○
スポンサーサイト
最近釣果が好調です。

マダイにキハダにカワハギもどっさり。

釣り残された魚種はもう平目くらいしか。。。などと有頂天になっています。

伊東 三好丸

伊東港に到着するととてもキレイな遊魚船が待ち受けていました。

探検丸も搭載されています。

わくわくしながら船の前に荷物を置いて船長を待っていると、程なくして若船長がやってきました。

「どうもこんにちは! あ、船ね、こっちだから。」

へっ・・!? 隣の・・!?

20111123-02.jpg

うほっ。

船長と、客は私だけ。 大名釣りです。

船長が私だけのために操船してくれるのですから、釣れないわけないです。

一投目から大きなアタリ! 

しかし食い込まず。。。 エサのイワシに歯型だけ。。。

二投目もアタリ!  

今度はあがりましたが外道のエソ ⇒ 船長へプレゼント


さぁ、いよいよ次は本命GETか━━(゚ロ゚;)━━!?


と思ってたらまったくアタリなしil||li▄█▀█●il||li


15時ごろになると箱根方面から雲が張り出してきて、無情の雨が。。。


寒いぃ~。


大きなアタリが一回ありましたが、やっぱり食い込まず。


イワシがでかくて平目が小さい・・・らしいのですが、全部がそうとは限らんだろうに。。。


さぁ終盤!!


ついにドラマが(〃^∇^)o彡☆

・・・・

・・




ありませんでした。。。


20111123-03.jpg


《 ボーズ 》


やってしまいました。


 惨敗



.。.。◇@☆*・゚★。。.:*・☆*・。..反省中.。.。◇@☆*・゚★。。.:*・☆*・。..

カワハギ科 ウスバハギ属 ソウシハギ


ところでこの魚、先日 葉山沖でカワハギ釣りをしていたらヒットしたんですが、なんていう魚でしょうか・・・

カワハギ系だとは思いますがよくわかりません。

全長30cm超のGoodサイズですごく引きました。

どなたかおせーてぇ~( °O °;)


*~  早々と解決しちゃいました。 みなさんありがとう! ~ *
佐島 bonito

今日はプライベートクルーザーで海遊びです。

オーナーのご厚意で乗船させていただきました。

真っ白い船体に豪華な装備。

美しい~  かっこいい~  ステキ~

さっ、初島でも行こうか!? 

・・なんて気軽に言えちゃうくらいのパワフルエンジンも搭載し、もう最高。

佐島マリーナを出港するとあっというまに相模湾の外に出て、ナブラを探します。

あいにく鳥山も見つからず、西へ流して1時間ほどトローリング。

次は東へ葉山⇒佐島沖とカワハギ釣り。

その場のコンディションや気分に合わせて自由自在にスタイルを変更できるのはマイボートならでは。

夕刻に帰港し船体清掃を終えると、マリーナのお風呂でゆっくり疲れを癒します。

ブルジョア気分満開の一日でした。

キャプテンありがとう!!
夏といえば本ガツオやメジ・キハダマグロなどの青物狙いが楽しいです。

しかし、なんやかんやと次から次へと予定が埋まってしまい、一度もできないままもう11月。

今年は青物が好調の様子で各船宿のエース船がこの時期でも出撃しています。

でもあと2週間くらいで終了しょう。

私はもう諦めかけていたのですが、運よく自分都合と空席がバッチリ合いましたので行くことにしました。

昨日の悪天候と寒さはうそのように好転し、若干風はあるものの沖は凪です。

taroken キメジ


船に乗り込むと、周囲のお客さんは常連ばかり!

隣のおじさんは3日連続乗船してるとのことです。

いやぁ~クレイジーな青物ハンターは大勢いるんですね。

6:30出船。

伊豆大島目掛けてズンズン航行します。

ズンズン。

ズンズン。。。。

ナブラが無いのです。

約2時間のクルージング。。。

富士山がきれいだなぁ~空気が澄んでいてもう冬の景色ですね。


ナブラがないので船長が魚群反応を見ながら水深40~50メートルくらいを探ります。

反応なしヾ(;;゚Д゚)ノ

10時ごろでしょうか、、船が一斉に東へ疾走します。

程なく城ヶ島沖へ到着し船団に加わります。

さぁ、、大物と勝負!!

意気込んで仕掛けを投入しましたが、タナに到達するや否やバチンッ!!とハリス14号が呆気なく切られます。

それならばとハリス20号に変更。。。。今度はアタリません。

上乗りさんがハリス18号で美味しそうな本ガツオを早々ゲット。

全体的に渋い状況ですが、釣れた魚を見てしまうと焦ります(;´~`)

がんばるぞ!

今度は竿先に魚信あり!・・・がフックせず。

上乗りさんから「それはカツオがエサをくわえているから、聞き合わせしましょう」とアドバイスをくれます。

・・・!? ・・・聞き合わせってナニ?

「ねぇねぇ、カツオちゃん、もしかしてくわえてる?」・・・んなわけないですね、よくわかりません。

みなさん、冗談言ったり、変なエサつけてみたり、面白いです。

でも、楽しい時間というのは瞬く間に過ぎていくものです。

あっという間に13時半。

あと30分かよ。。。。 

ってことは《ボ・・》・・・が頭を過ぎった瞬間、事件は起きました。

強烈なあたりとファイト。

船長にサポートしていただき、やっとのことでキメジ(キハダマグロ)が船上に横たわりました。

記念に船長がお写真を撮ってくれました。

「この写真なら30キロくらいのマグロに見えるよ!!」だって。


taroken キメジ 11.4キロ


これ、、、まな板に乗りませんが・・・どうしましょう(*゚▽゚*)
潮騒 新館

今週は社員旅行で真鶴の民宿へ一泊。

 美味しい海の幸を堪能し、おばか騒ぎをして早めの就寝。

 翌朝は「国敏丸」の大船長にお世話になり、仕立てでヤリイカ狙いです。

 ほとんど船釣りが初めてというメンバーで、乗船するも船上でなにをどうしたらいいのかわからずオロオロするばかり。

 「今日は一人5杯は釣らないと帰さないからな!」と出港前に檄を飛ばす大船長。

 「んじゃ、船に泊まりまーす!!」と即返の我々。

 あ~ どうなることやら。

国敏丸


 まだこの時期のヤリイカは始まったばかりで本調子ではないから初心者には難しい狙いもの。

 そんなことなど気にせず 刺身や沖漬け・イカめし・バター焼き・干し物に、、、と帰宅後の楽しいイメージが膨らみます。

 ・・・が、やっぱり難しい。。。 

 アタリも少なく、バラシも多い、それに加えてオマツリ頻発。

 私も船内を駆け回りましたが、船長のやさしいフォロにずいぶん救われました。 

 みんながんばってボーズなし

 貧果だったけどええじゃないか。



 貴重なヤリイカは格別に美味いです

WHAT'S NEW?