Photo Gallery

流行の釣法「ゼロテン」。

これを習得するのにタックルを自分で制作し、夜な夜な素振りをしてまた沖へ出ます。

ほんとに懲りないアホです。

6:00出船。

なんと7:00ごろにはツ抜け!!

素晴らしい!

こりゃ今日の釣果は大変なことになるぞ!




・・・・と思ったのですが、その後パッタリ・・・

クルージング状態がダラダラと続いて、もう一山来ないうちに納竿。。。

まいったな。。

もうマルイカも終わりかなぁ~。 

20150726-01.jpg
スポンサーサイト

今週は新島大会の予定でしたが、海況が悪く延期に。。。

ざんねーん。。。 

と思っていたら、

大きなカジキ釣り大会で多くの好成績をたたき出している名チームのキャプテンからお誘いを受け、

房総半島南端沖へ出てみようということなので、おともさせていただくことになりました。

41フィートの豪華な船です。
タックルも全て一級品!!

やっぱり海は悪く釣果はありませんでしたが、貴重な経験をさせていただき、また勉強になりました。

どうもありがとうございました。


もちろん優勝狙いです。

ジャパン インターナショナル ビルフィッシュ トーナメント

今年もまたこの時がやってきました。
チャンスをくれた方々に感謝感謝です。

3日間の大会ですが、ベースポートから大会会場までの回航を考慮すると5~6日間の活動になるチームも多いでしょう。

ところが、海況が。。。
爆風に大波。

初日は早々と中止が決定されましたが、2日目も当日の朝に中止が決定。

結局最終日の一日だけの出港で競う大会となりました。



残念ながら当チームは強風に煽られシーラ1ヒットに終わりましたが、なんやかんやと楽しいひとときでした。

大会全体では13チームがキャンセルし、82チームが参加。
選手の総数は405名にもなります。
カジキのヒット数は51
釣果総数は18尾
タグ&リリースが15尾、キャッチが3尾となりました。

海況が悪かったので大型艇が圧倒的に有利でしたが、しっかりと釣果をあげているチームはつくづくすごいなと感じます。

美味しいものを食べ、たくさん飲み、温泉、釣り具屋めぐり、ボーリング、、ねり歩くカジキチームで下田の街は活気づき、
前夜祭や表彰パーティも大盛況でした。

大会事務局のみなさん、チームの先輩方、下田のみなさま、どうもありがとうございました!

久しぶりの東京湾。

台風の接近で相模湾が大波ですが、東京湾は釣り日和。

亡きキャプテンを偲ぶ釣り大会として

初めてのマゴチ釣り。

と言ったら、船長が手厚くレクチャーくださいました。

隣に係留していた乗合船の常連さんたちにもうかがってみたらみなさんやさしく教えてくださいます。




いざ出港!

水深10~15メートルくらいかな。

めっちゃ浅い!

そしてやっぱりむずい。。。というか渋い。

結果10名中、釣果があったのはたったの3名。。。

私も2回アタリがありましたが、フックせず完敗。

ボーズで帰港すると、船長や常連さんたちが次から次へとマゴチをプレゼントしてくれました!!

血抜きまでしてもらって、至れり尽くせりなサービスを受け、なんだかあったかい船宿さんだなぁと感じました。

釣りを通じて知り合う方々は皆、器が大きくて本当にいい人が多いです。


WHAT'S NEW?