沖縄合宿 3日目のサンライズ

 23, 2009 23:00
AM5:30 2回目の朝がやってきました。

天候晴れ、見事なベタ凪です。

船首の方でタカ兄が呼んでいます。

行ってみるとサンライズ!!

おぉぉぉ? ご来光でございます。

タカ兄、、、なにしてん!?

拝んでます。 そしてお神酒を撒いてます。

沖縄の海に敬意を表している様に見えますが、本意はわかりません。

さっ、、ゆっくり朝ごはんを食べている間もありません、戦闘開始!!




朝一番は昨日顔を見れなかったグルクン狙いです。

仕掛けを入れるとクンックンッと可愛いアタリ。

少し、待ってみるとクンックンッが追い食いして大きな重みに・・

巻き上げてみると、、

ぎょ?。 こいのぼり。

「ビタロウ」です。

沖縄人は好んで焼き魚にする種だそうです。

沖縄ならではの鮮やかな色です。

その後、釣っても釣ってもビタロウ君が連なってきます。 

なんちゃ、切りが無いやん!!

タカ兄の方は黒いカワハギ君を釣っています。

金魚みたいな尾で少々キモイ種ですが、これも船長は美味だと言ってキープ。

AM9:30

しばらくすると私のグルクン仕掛けに大きなヒット。

あ?っとと、ハリスが切れそう・・・ 

ドラグをユルユルにして相手に遊びを作ってあげます。

静まったらそっとリールを巻きます。

やりとりを楽しみながら引き揚げた獲物は良型の「シロダイ」。

グルクンの仕掛けでこのサイズが釣れることは珍しいようです。

釣りの気分が上々になってくると、いよいよグルクンがヒットし始めました。

細長魚体に淡いピンクが上品に見えます。

2つ、3つグルクンが釣れると、さっそくタカ兄と泳がせ釣りを開始。

一方ではグルクン狙いを継続します。


しかし、波に乗ることなく、逆に昨日の不調が再来の雰囲気がただよってきました。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?