多希志丸(たけし丸)でカワハギ狙い@江ノ島 腰越

 21, 2009 19:00


すっかり秋。

早朝は小雨もぱらつき少し肌寒いくらいです。

この季節はカワハギがキモパンで美味しいですよね。

キモ醤油で味わうシコシコの身はたまりません。

でもカワハギ釣りって腕の差がハッキリ出ますから私のような凡人が釣果を得るにはガラガラで空いてる日か素人ばっかりかのステージがいいです。。。

実は今日、湘南某所でカワハギカップが開催される予定なのです。

きっと名人達はここへ集結しているという想定で少しズレたロケーションをネットで必死に探しました。

あ?りましたありましたぁ、、よさげな船があ?りました。

腰越の多希志丸

受付を済ませて船に到着すると、既に釣座がほとんど埋まっています!

さてと、、どこに陣取ろうかな・・・と思ったらぽっかり右舷前方が空いています。

またしてもミヨシです。

船首に立って全体の顔ぶれを見ると常連さん含めみんなメチャ上手そうです。

お・・・おっかしぃなぁ。そんなハズじゃなかったのにな。

ざっと20名程乗船しています(ほぼ満船)。

最低5尾、目標ツ抜け・・・のつもりなんだけど、、、、やっぱダメかも。

でもなんだか遊魚船に乗るのも大分慣れてきたので出港するときの不安感はありません。

7:00出港。

腰越沖水深18メートル、程なくポイントに到着です。

ここはかつてMyボートで狙っていたポイントと合致しています。

さっそく実釣開始!

1投目からヒット! 

リールを巻きながらファーストカワハギはオレか!? と考えます。

残念 ・・・・・トラギスでした。 ?リリース

2投目もヒット! やっぱりファーストカワハギか!?

残念 ・・・・・チビ鬼カサゴ! ?リリース

3投目もヒット! 今度こそファーストカワハギ!!

残念 ・・・・・ベラ。 ?もちろんリリース

うぅぅ、、魚影は濃いぃんだが。。。

4投目は・・・・と思ったらお隣さん、よっしゃー!!とか言いながらカワハギGET。

なんちゃ。

ポイント移動。

気持ちを整えてカハワギとのファイトに備えます。

よっしゃー!!!!!

またお隣さんの声ですょ。

お隣の二人組さん、飲酒しながらユルユル釣行ですが、なぜか絶好調。

私は釣り気ギンギンですが応えてくれるのはベラ君達だけです。

1時間もしないうちにベラはツ抜けしちゃった!

ベラを放り投げる私を見て2つ隣りのおじさんが堪え切れずプッと笑っちゃった気がしましたが、

ちらっと横目で見てみると、平静を装っています。。。

お隣さんはもう4枚、お隣のお隣さんは3枚。

私がカワハギに会えたのはもう8時半を過ぎてからでした。

そこからなぜか周囲のお客さんの竿はパタリと反応しなくなり、私の竿が逆が反応します。

ここから時速2枚のペース。

今年のカワハギは厳しいとは聞いていましたが、こりゃほんとに渋いかも・・。


ところで、、アピール&ベラ避けを図り竿を細かく振るアクションをみんなやってますが、あれ、あんまり意味ないかも・・。

・・・てか、やってもアクションストップと同時にベラヒットだしぃ?

ベラを拒んでいてはいかんのです、きっと。

それから片瀬丸の常連さんに教わりました、「タコベイトはお守りに過ぎない、自分の信念で釣れ」と。

だからカワハギ狙いでも私は集魚アイテムを装備しません。

スタートが出遅れたことでそれはそれは心が揺らぎました。

でも11時になると、匹数は1歩リードしており、カハワギをキャッチするときに周囲の視線を感じるようになりました。

調子に乗ると時間が経つのが早いです。。。

後半ボチボチっと全体にあたりが来ましたが、数は伸びず14時半に納竿。


涼しくてのんびりとした楽しい釣りでした。


次回は、自家製の剥きアサリを持ってこよっと。

さてさて、、早く寝なきゃっ
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?