日本海へ遠征@秋田「海釣り専科」

 22, 2010 23:42


出張ですよ。


おしごと、おしごと。


お客さまやおみやげ屋さん、飲食店やホテルマン、いろんな人と出会い、話ができましたが秋田の人ってホントにみんな情が深くていい人です。


秋田が大好きになりました。













・・・・ということで せっかくだから釣りも。

秋田の釣りといえば「電気釣り」。

魚に電気ショックを与え弱ったところを釣り上げる・・・ではありません。

絵で表すとこんな感じ。






夜、海中に電気を灯しプランクトンを集め、これにアジなどの小魚が集まってくるという仕掛けです。

更に小魚を狙ってヒラメやブリなどのフィッシュイーターが寄ってくるので思わぬ大物も出現します。

調子がいいと100?のクーラーも難なく満タンになるというすごい釣りです。



実は前もって船宿に申し出ていたのですが、今年はまだ水温が低くポイントに魚がいないとのこと。

残念ながら断念せざるを得ない状況に。。。

それでも諦めきれず、船宿を訪問してみると温かく迎えてくれました。

といっても船長はこんな感じ・・・




ぎょっとする程の強面に向かってどうしても電気釣りに行きたいなんて言えなくなります。

ところが、その代わりに明日、沖釣りに連れてってくれると言う。

何を狙いたいのかを問われ、「ホッケ」と答えると笑いが。。。

そういえば、お土産屋さんでも、市場の魚屋も酒屋のおっさんも皆、私が「ホッケを釣ってみたい」と言うとバカにされました。

秋田の人はホッケを好まないらしいのです。

市場で売っているホッケはなんと全て外国産!

関東の居酒屋で出てくる脂ギトギトのホッケもそれにあたります。

秋田の磯や堤防ではコマセを投げると溜池にいる鯉と同じように一面が黒い魚影に染まるくらいホッケがいるらしいです。

船宿の皆さんも、「沖で釣れるホッケは旨い・・・・が、値が付かないから捨ててしまうことが多い。」と言います。

へぇ?、それじゃあどんだけ釣れるんだか体験しようではないですか。

明日の沖釣りは決定!







成り行きで船長に夕飯を誘われ、すぐ隣にあるいかにも地元人間ご用達の食堂へ連れて行かれます。


そこで定食と副菜を1品オーダーしただけなのに、なぜか後から後から色んなオカズが登場しテーブルがいっぱいになってしまいました。


そもそも船長とこの店主は家族の様な関係らしいということが後でわかりました。


秋田のこと、日本海の釣りのこと、冬場は商売にならないので南方へ大物狙いに行くという釣行談等で船長との会話も弾み、ビールも進みます。

時には食堂の店主も会話に加わり、明日の釣りへの期待感を高めてくれます。

宴もたけなわな頃、「こんなこと初めて会ったあんたに言うのもなんだけど・・」と船長が切り出したのは、船長の前職についてでした。

釣り船を開業したのは5年程前らしく、それ以前の話を聞くと船長がとても器の大きい人間だということがよくわかりました。

食べきれない料理は案の定食べきれませんでしたが、女将さんが釣行時の食事にとオニギリと一緒に包んで持たせてくれました。


その後、ビジネスホテルを既にチェックアウト済である私は船長んちの2Fに泊めていただくことになりました。


AM3:00起床、4:00出港。

貸し竿は約3メートル、バケ10針の胴付き仕掛けに200号のオモリ。

アリゲーターで言うとスーパーバトルクラスのタックルでホッケを狙うようなもんです。

コマセは一切使いません。

出港から1時間半、決して広いとはいえないキャビンで一眠り。

ポイントに到着するとさっそく攻撃開始。

瞬く間にヒット!

ものすごい重み・・・

巻き上げてみると10針全てにホッケ!!

なぜか船長の仕掛けには7針が赤テリ(ウスメバル)が、、、

その後、巻き上げるたびにホッケ ホッケ ホッケ ホッケ ホッケッケエ?!!

た・・・たまらん!

最初は楽しいのですがだんだんウンザリモードに。

船長がニヤニヤして近づいてきます「よくわかっただろ!?」

いやぁホントにすごいホッケの魚影です。

脳裏に焼きついてしまいます。

70センチ超のタラが浮上したときも女王ホッケだと思ってしまいましたし・・・。

お昼過ぎには納竿となり、日本海の復路はベタ凪で快適に航行し、再び就寝。

下船し精算を済ませると船長や乗り合わせたお客さまたちから「また来いよ!」とお声がけいただきジーンと目頭が熱くなる思いがしました。

すばらしい船釣りを体験でき、いい思い出ができました。

タラは鍋に、メバルは昆布締め、ホッケは5尾だけ持ち帰り干し物とフライにしましたが、これが抜群の美味。

全部持って帰ってくればよかったかな・・。


また行きたい、秋田の海。
また会いたい、秋田の人。
 
スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2010.08.31
15:22

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2010.08.31
19:59

Taroken #-

URL

Re: はじめまして

ようこそお越しくださいました。
コメントありがとうございます。

いいなぁ~電気釣り、私も是非やってみたいです。
また秋田に行ったら必ず再訪するぞ!って船長に言っておいてください。
「神奈川から出張ついでに来て宿に泊まった男」って言えば覚えていてくれてると思います。

是非、秋田で、または茅ケ崎でご一緒しましょうよ!!
お兄さん、隣近所ですよ。  知り合いだったりして・・・

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?