横浜市中央卸売市場

 26, 2010 11:53



AM3:30

釣りに行くには少し早い出発ですが、行き先は海ではありません。

今日は魚屋さんの仕入れに同行させてもらいました。

早朝の市場というと漁業関係者でごった返しているのかと思っていたのですが・・・

あれっ!? 

意外と空いています。

その代わり駐車場内はフォークリフトがゴーカートの様に行き来しているので、素人は気をつけていないと危ないです。

さっそく場内へ突入します。

そして次から次へと仲買人をまわり、魚の鮮度を見ながら一般の人には理解できない用語とサインで交渉を展開します。

テンポも良く、ぐるぐると歩くし、同じ仲買人に何度も会ったりします。

普段はお店でお客さんに笑顔で接っする魚屋さんは、調達では真剣勝負。

あの有名なスーパーやあの組合さんのバイヤーともすれ違います。

また、魚が入場する度にアナウンスがあり、仲買人同士の競りが行われます。

場内を駆けずり回る人、携帯で連絡を取り合う人、それぞれが忙しく立ち回り活気があります。

私は見るからに素人ですからお邪魔な存在ですが、魚屋さんに紹介してもらうと仲買人さんがコーヒーを入れくれたりして皆さん情が深くていい人たちです。

日もすっかり昇り、観光気分で訪れる一般の人たちがパラパラと姿を見せ始めると、市場の中にも値札の付いた魚が出てきます。

さぁ、そろそろ我々は撤収です。

場内で朝食を取りトラックに戻るといつのまにか荷台には多くの発砲スチロールが積まれています。

荷台のトビラを閉めていると背中でまたフォークリフトが勢い良く通過していきます。



仲買人がプレゼントしてくれた鮪のカマで今夜は一杯やれそうです。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?