ワラサのちアジのちワラサ@佐島「深田正夫丸」

 19, 2010 20:27



今日は会社釣り部のイベントです。

ワラサ&アジのリレー仕立て。

深田正夫丸は船長も息子さんも温厚で対応がとても丁寧です。
また、見事に船を魚に命中させる腕もみんなが惚れ込む理由の一つです。

5時に佐島港集合。
前回はあまりに早く到着し過ぎて入口のゲートが閉まっていたのを覚えていたので
今回はピタリと到着するように車で走っていると、、、
携帯が鳴り出します。
「早く来い! おまえビリだぞ!」
とYグチ指導員。
うほっ、、まだ遅刻の時間じゃないのに怒られた・・。
はぃはぃ行きます、急いで行きます。
と、電話を切ったらその直後にキャプテンから電話。
「どこにいるんだ、みんなお待ちかねだぞ!」
ありゃりゃっ・・・・ また怒られた。
なんてせっかちな。
加速!!
猛スピードで葉山を駆け抜けます。
でもこれでかなり気合入れちゃいましたので、船に乗るとゆっくりまったりな気分になっちゃいました。

私が乗船するとすぐさま出港。
ワラサポイントは城ヶ島沖かと思っていたら、すぐそこ!
船長「はぃどうぞ?」
間もなくゴツン・ゴツンとあちこちでヒットします。
周囲の船もゴツン・ゴツンあたって玉網入れしているのが見えます。
朝焼けのこの時間が勝負です。
キャプテンにもYグチ指導員にもゴツンとヒット。
ただ、うちの船は11人も乗っていて、ワラサ釣りとしては少々窮屈です。
だからオマツリも多いこと多いこと・・・。
バラシも連発です。
私にもワラサがヒットすると「どうかオマツリしませんように」と願うばかりです。

無事キャッチ! やっぱりいい引きですね。

次第に方々から遊魚船が集結。
こうなると相当なコマセが散乱しますから極端にワラサのアタリがなくなります。
8:00
船長から、アジへ行こうとのアナウンス。
それでもまだワラサをGETできていない部員もいるので30分粘ったのちに秋谷沖へ移動します。
「アミコマセ&オキアミ」を「イワシミンチ」にチェンジしアジ狙い。
ポツポツ、ポツポツ当たります。
でもいつものアジよりだいぶ渋いかな。

私はこのアジを使って大好きな泳がせ釣り。
アジ1号機発進!!
・・・あれっ。
鼻掛けしたハズの針が海面で抜けてアジ君は大海へ解き放たれて行きました。
隣でキャプテンが爆笑しています。
泳がせ用のコマセって解釈にしといてください。

再びアジを泳がせ、ブルブル暴れる様子を見ながら大物に期待しましたが、
今回は・・・いや今回もノーヒット。
アジがブルブルすると隣でキャプテンが「おめえ、オレの仕掛けにオマツリするんじゃねぇぞ!」
って警戒しています。
キャプテンがアジを釣り上げると、「あ、それ私が泳がせていたアジです、返してください」
ベタ凪の海でふざけながら、まったり釣り。。。
こんなのもたまにはいいでしょう。

12:00 再び朝のポイントに引き返し、僅かな時間でもう一度ワラサ釣り。
しかし、船団はなくバラバラ状態、ワラサがヒットしている気配もなく、時間ばかりが過ぎていきます。
13:00 そろそろ納竿という時、ラストキャスティングでKグチさんがヒット!
歓声が沸き華やかな沖上がりでした。


今夜はお刺身で。。。
でもカンパチ程箸がのびないですねぇ・・・
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?