佐島「つね丸」でカワハギ狙い@荒崎沖

 03, 2010 20:03



今年は海水温が高かったせいかカワハギはまだ本調子ではなさそうですが、ここ数日の船宿情報だけ見るといいみたい。

あと1・2週間もすればあちらこちらでカワハギ大会が催されるので、今のうちに行っておきたいなと思っていました。

更に、釣り部のキャプテンが

「さぁ、そろそろカワハギに行こう」

なんて昨日言いだした。。。いえ、お便りにそう書いてありました。

だから焦って

「カワハギなんてまだ始まってませんよ。。。今行ってもぜんぜん釣れませんってば」

と返しておきました。

しめしめ。。。。

キャプテンが釣ろうとしているカワハギ君はぜんぶ私がいただきです。

佐島「つね丸」はゆっくり7:30の出船です。

乗船者は10名。

おもむろに支度しているみなさんの姿は名人に見えます。

私のタックルはカワハギ専用竿ですが、集魚パーツやカラフルなオモリは一切使いません。

 (あーゆぅーの、なんだか釣り具屋に釣られている感じがしてイヤなんですよ)

でも実釣開始早々に隣のおじさんはひょぃっとワッペンサイズのカワハギをGET。

私なんて8:30までノーヒット。

顔を見せるのはオニギス・トラギス・キュウセン・・・うぅぅぅ

やっとのことで手のひらサイズを2枚だけバケツに放り込みます。

やっぱり集魚パーツは重要なアイテムなのか!?

いやちがう!!  

自分にそう言い聞かせてマイボートがあった頃に多少自信がついた釣法を試します。

・・・・だめだ、、通用しません。。。

10:30

既成概念は全て捨て去ります。

昨日までの自分を全否定し、隣のおじさんを観察することに・・・。

そして快進撃が始まりました。

25cm超のBIGサイズに一荷、ポイントチェンジ毎に投入直後のヒット。

正午にはツ抜け!!

まだまだいけます。

調子に乗ってくると、いつのまにか意識は竿頭狙いになっています。

ワッペンサイズだってしっかりキープ。

14:30

納竿の時にはバケツがカワハギで満タンでした。


やっぱり名人には及びませんでしたが、またひとつコツを掴んだかもしれません。



もうカワハギはいませんよ、キャプテン。

今年は諦めてください
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?