強風でも入れ食い 観音崎沖のアジ@山天丸

 11, 2010 23:46


今日はお取引先さまとの懇親釣行会で総勢8名が片瀬港に早朝から集合していますが、

このうち半数は遊漁船での釣りが初めてで不安な表情を浮かべています。

5時ごろのほのかな風は一時間も経つと暴力的な風に変化してしまったのです。

片瀬港の船長達が話し合っています。

結論は、出船断念

賢明な決断だと思います。

利益を追うあまりに無茶な出港で釣りにならずおまけに早上がりとなってしまったら客離れに繋がってしまいます。

約4名ほどがホ・・・っとした顔の表情に変化したような気がします・・。



・・・・・んがっ


私以外の皆さんはとーっても遠方から足を運ばれているので、このまま解散するのは酷な話であります。

そこでお取引先さまのボスから、東京湾なら西風に強いぞというアドバイスをいただき、久里浜へGo





到着してみると西からの爆風は三浦半島で見事に遮られ穏やかな状況です。

しかも「山天丸」は出船時間がやや遅めなので急いで向かえば相模湾断念組をフォロできる・・・これは勉強になりました。


山天丸でアジを狙うプランに変更です

8:00 出港。



平作川を静かに下っていきます。


ういぃーーーーん。

むむむっ

ソナーや照明灯が折りたたまれ、、次に船長室が船体に収納されていきます。

すごっ




常連さんが竿を寝せろ 頭に気をつけろ だのうるさいくらい注意が飛んできます。

おぉぉ・・・

橋をくぐるのがギリギリなんです。

船はコンバーチブル状態で航行しています。




海に出ても風はやや強めでザワザワしていますが、うねりもなく問題はありません。

船長から釣り開始の合図が出るとともに一投目

・・・・・はれっ・・・




30分くらい反応無しで拍子抜け。

でもその後やっぱりアジ君は裏切らないよねぇ? ってな具合の入食いスタート。

そしてこれが延々と続き、皆さんのバケツには大小様々なアジとお決まり外道のサバが満杯



初心者の皆さんは手巻きリールなので忙しいのに加え、腕の筋肉がパンパン。



中盤、私の隣にいた常連さんがトモでワラサを釣り上げます。

どうやらちびアジに食いついてきたようです。

ならばと我々も2箇所で泳がせを開始。

合計4回ヒットし、ハリス切れ2回、サメ1回、そしてボスが1尾のワラサを見事GET




メンバーの中にはお馴染みのナオキングや太郎君もいます。



そしてお初の忍者オットリ君は、Myバケツを持参しての参加です。





船酔いZERO

クーラー満タン


風もだんだん強くなり、もう後半はバテバテ。。。





・・・でしたがフルフル15時までたっぷり釣りができて万々歳な釣行となりました。

初心者のみなさんも、こんな楽しいなら・・・と近いうちに「八丈島へ行きたい
」なんて言い出すのかもしれません。。。

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?