Taroken's blog (湘南茅ヶ崎 沖釣り&カジキトローリング)
Member of JGFA(Japan Game Fish Association)


伊豆~湘南 相模湾の厳選・人気釣り船




ブログ内検索




プロフィール


Taroken



リンク



このブログをリンクに追加する

最近の記事




最近のコメント




全記事(数)表示


全タイトルを表示

カテゴリー セレクトBOXver


[PR]激安通販ブログ


Lc.追いタイトル




RSSフィード




2011.01.30  釣り大会deアマダイ狙い@平塚「浅八丸」 <<18:42


うううぅぅぅさぶぃ!

こんな寒い日に釣りに行く人なんていませ・・・・(゜д゜)・・・








早朝から元気なおじさんやおば・・おねえさん達が平塚の「浅八丸」に大集合しています。

7時出港、総勢46名が3隻に乗り込みアマダイを狙います。

西湘ポイントまで船は快走・・・・夏なら気持ちいいのですが、この時期は風が刺さるような厳しさ。


実釣開始一投目、いきなり強烈なあたり!

よっしゃ、今日は優勝狙いだと感じながら浮上してくる魚影に期待していると・・・

なんとオニカサゴ

いやぁ、今日はオニじゃないんだけどなぁ? 

狙うと難しいのに、狙っていない時に釣れるとなんだか拍子が抜けてテンションが下がります。

気を取り直し、水深78?138メートルの海域を探ります。

・・・が、本命がなかなかヒットしません。

甘鯛シーズンはもう終盤ですから残りを拾う雰囲気でしょうか、船中ポツリポツリ。

10時頃にやっとアマダイらしきあたりがあるも咄嗟に合わせようとしてしまいフックせず。

《《ぼうず》》を脱出したのは11時を過ぎてからです。

30センチ弱の美味しそうなおとぼけ顔が見れると、ひとまずほっと一安心。

外道にはトラギス、レンコダイ、アカボラなどなど。

審査基準が帰港まで知らされない大会なので、外道も小さいアマダイも大きいアマダイもしっかりクーラーボックスに取り込みます。

後半は風が強くなり、もう死ぬかと思うくらい地獄でしたが、なんとか14時の納竿まで戦い抜きました。

帰港してみると船宿に「25cmに近い程高得点」と審査基準が張り出されておりまして・・・

25cmジャストミートの方が優勝となりました。

《《ぼうず》》だと何も期待できませんが、1尾でも釣れば優勝の可能性ありという珍大会もなかなか面白いですね。

今後は毎月開催するらしく次回はアジだとアナウンスされていました。

また来ようかな・・・あ?それよか温泉でも入りたい
スポンサーサイト


No.515 / 海遊び / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← オニカサゴの釣り方@江ノ島片瀬港「まなぶ丸」 / Home / 久々にテニス@茅ケ崎公園 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home