Taroken's blog (湘南茅ヶ崎 沖釣り&カジキトローリング)
Member of JGFA(Japan Game Fish Association)


伊豆~湘南 相模湾の厳選・人気釣り船




ブログ内検索




プロフィール


Taroken



リンク



このブログをリンクに追加する

最近の記事




最近のコメント




全記事(数)表示


全タイトルを表示

カテゴリー セレクトBOXver


[PR]激安通販ブログ


Lc.追いタイトル




RSSフィード




2011.02.05  オニカサゴの釣り方@江ノ島片瀬港「まなぶ丸」 <<17:40






NewOpenの「まなぶ丸」
 
 今年はもう3回目の乗船でやや常連化しつつあります。

 そして《《ボウズ》》なし

 ベテランさんから鬼は連勝記録更新だと褒められ有頂天なっております。

 
 やっとわかってきたのです。


 やっとです。


 ・砂の上をズズズズッっと引きずられる身餌・・・

 ・ビョコン・・ビョコンと跳ねる身餌・・・

 ・上からフワフワ落ちてくる身餌・・・



いろいろ試してみます。

いずれもスーパースローなアクションがGoodでしょう。

竿先をよ?く見ながら100メートル先の海底で仕掛けがどのように動いているのかを考えているとエサにパクつこうと狙っているオニカサゴのイメージも同時に現れてきます。

 
不思議なものです。


よく「 釣れると信じて釣れ 」と言いますが、まさしく「あっ・・、そろそろくるかも」って感じるその時の気持ちのことかもしれません。

仕掛けが潮の流れにうまく馴染むとそう感じるのかな・・・

でもよくわかりません。

ベテランの人達が伝えようとすると、「 何度も通うことだ 」と簡単に済まされてしまいますが、その言い分も正しいです。

私はルアーをやりませんが、ルアーマンならこういう感覚をもっとうまく表現できるのかもしれません。

でも釣りをしない人達にとっては馬鹿げた表現ですね。

「 釣りバカ 」とは誰が最初に言い出したのでしょうか、上手な表現です。

もちろん私はまだまだ釣りバカには及びませんが
スポンサーサイト


No.517 / 海遊び / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 雛人形@茅ヶ崎 / Home / 釣り大会deアマダイ狙い@平塚「浅八丸」 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home