悪天候でのワラサ狙い@下田

 25, 2012 09:56

自宅から下田までの道のり約100㌔はドライブ好きな私にとってこの上ないコースなのですが、さずがに3連休ともなるとところどころで渋滞にはまってしまい、思うように進みません。

いつもの倍の時間がかかりましたがようやく下田へ到着、温泉に入って夕食を軽くとると船長とたいした会話もせず、すぐに寝てしまいました。






翌朝5時。

兵助屋に集合したのは11人。

ほぼ満船です。

船長が天気の確認と本日のアプローチ概要を説明すると、席順を決めておもむろに出船の準備をはじめます。

港はざわざわと風が吹いていていやな予感・・・、沖へ出るとやっぱり突風!

風速10メートル以上あります! 白波が立っています!

さらに相模湾の先っぽなので外洋の波がぁ~

早速 船酔いでキャビンの中には消沈している方もいらっしゃいます。。。


6時、さぁスタートフィッシング。

船団は約15隻弱、一隻あたり約2~5人の乗船客が見えます。 

周囲の船からは兵助丸の満席状態が見えるのでいかに人気のある船宿かがよくわかることでしょう。

ワラサ狙いはコマセを巻くので、たくさん人が乗っている船の方が有利なんです。

でも、、、オマツリが多くなるのがネックですね。

私の席は幸いにもミヨシ。 

一度もオマツリがありませんでした。

朝一番、勝負どきです。

船中では次々とヒットしています!

。。。が、私は支度がノロくてまだ針とラインを結んでいます。

あ~ららあらら。。。あせります。

3テンポくらい遅れてようやく戦闘開始。

数回コマセを入れ替えると無事に私のタックルにもヒットしました。

竿が弓なりに半円を描き久しぶりのいい引きです。

隣の方が親切に玉網を入れてくれてまずは1尾ゲット。


ところがすぐにフィーバーは終わってしまったのです。

ここからはたまーーーーにくる当たりを拾っていかねばなりません。

ハリスを8号から4号へ変更してアタリを待ちます。

9時半ごろヒット!・・・・が、ラインブレイク。

う~ん、これをうまくやりとりして釣り上げる人こそ上級者なんですね、、ちょっと強引な動作だったことを反省。

その後、マハタが食ってきました。 これは嬉しい外道。

それにしても、風と波、おまけに雨の中、ヒットもなくコマセワークを繰り返すのは辛いです。

がんばっていると幸い私の竿には再び魚信が! ・・・・しかーし、今度はやりとりの前に瞬殺のラインブレイク・・。

ハリス4号だとむずぃです。

弱気になって8号に戻しましたが、アタリが全くないので、終盤にもう一度勝負の4号へ変更。。。

残念ながらもうワラサは近づいてくれませんでした。


本当は爆釣を思い描いてどうやって捌こうかな・・なんて余計な心配までしていたのですが。。。

それでも船中ではかなり良い方でした。

もう一度ワラサに挑戦しよう!
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?