ファーストマーリンと怒涛の爆釣@大洗

 10, 2015 20:44
今週も大洗です。

晴天ベタ凪のベストコンディション。

しかも超大型台風のあとで、海況が変化しているかもしれないので期待も膨らみます。

6時にマリーナを岸払いするとスタチューオブリバティはズンズンと北へ向かいます。

日立沖くらいまで走ったでしょうか、水温20.4度と低いですが潮変わりのポイントでルアーを流します。



カジキのヒレが見える!!!

船を旋回させて近づくと、カジキがルアーに襲いかかります。

ヒット!!

5体のルアーのうち、3体に食いつきます。

リールがけたたましくジー!ジー!うなり  ラインが出ていきます。

さぁやるぞ! 

待ちに待ったカジキとの闘い。

2尾はすぐにフックオフしてしまったので、残るセンターのタックルをハーネスにセットしてファイトスタートです。

数百メートル先でカジキがジャンプしています。 何度も何度もジャンプしています。

仲間の船が見物に近づいてきます。

カジキがへばったかな・・・と感じると、一気に反撃してリールを巻きます。

キャプテンも、同じクルーのリョウ君も手慣れたもの、冷静で落ち着いた動きでカジキに隙を与えません。

私は昨年コナで痛恨のフックオフを経験しているのでまたやっちゃうのではと不安がいっぱいでしたが、意外にもなんなくカジキは観念してしまい船に寄せることができました。

キャプテンとリーダーマンの素早い対処で圧巻の勝利。

ついにアングラーとしてファーストマーリンが釣れました。

スタチュー オブ リバティ でカジキ釣り

最初のカジキが釣れたのはだいたい8:30ごろ。

それから怒涛の入れ食いになったのです。

体制を整えると再びルアーを流します。

ヒレを見つけます。

船を旋回させて近づきます。

ほら、またヒット!!

またもやトリプルヒットです。

そしてまたもや2尾フックオフし、1尾をキャッチ!! 3人でガッツポーズ(笑)

この連続です。

なにしろカジキがたくさんいて、ヒレが海面からたくさん出ているのが目視できます。

これが大洗の本来の姿だとキャプテンやリョウ君が嬉しそうに語っています。

ヒット!!

今度は5体のルアー全てがヒット。

もう船の上はすっちゃかめっちゃかです。

カジキの寝る場所はもうないので、タグを打ってリリースです。

忙しくてごはんをゆっくり食べている時間もありません。

一日終わってみると、14尾ヒットしてそのうち6尾を釣っていました。

キャッチフラグとタグ&リリースフラグをたくさん掲げて帰港するのは気持ちがいいものです。

素晴らしい海に感謝。
キャプテンとリョウ君に大感謝。
またここまで気にかけていてくださったご先輩方のみなさんにもとても感謝しています。

こんな日もあるから釣りは楽しいんだなぁ~。
素晴らしい一日でした。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?